我が家は母子家庭です。
数年前やっと在宅の仕事を見つけてその仕事をコツコツ続けていますが
仕事がない時期がありました。

何もすることがなくやりたいことも見つからず
家にいると不安ばかりでした・・・。

仕事があればどんな仕事でもやりたいと思っていたけれど、
当時子供がまだ小さかったのでどこかに預けるということもできませんでした。

幼稚園に入ってからも幼稚園バスのお迎え時間に合わせて仕事を終わる必要があり、
母子家庭というのはどこまで行っても大変なんだなと思い知らされました。

現在はパソコンを使えるように訓練を受けて
パソコンを使って在宅の仕事をしています。

この仕事は大きく稼げませんが、
仕事がないイライラはなくなりました。

母子家庭には母親か父親かのどちらかしか、
稼ぎ手がいないことになります。

このプレッシャーは大きくて、もし自分が病気になったらどうしよう、とか。
もしこのまま自分が死んだら、この子はどうなるんだろう、とか。

考えるだけで怖くなるんです、毎晩。
こういう日が続くと次の仕事にも差しさわりが出て、
結局母子家庭の親だからあまり仕事ができないと思われてしまう。

こんな悪循環から、母子家庭の場合なかなか抜け出せません。
これを抜け出そうとすると仕事を頑張るしかないのです。

しかし頑張りすぎると身体を壊すことはもう目に見えています。
人ってやっぱり夫婦助け合っていけることがどんなにいいことか、
母子家庭の自分には思い知らされている気がします。

こちらもオススメ⇒母子家庭 仕事がない

関連記事