ペットショップで扱っている生体は数十万円もすることがあるので現金一括払いという人は珍しいかもしれません。
ペットショップも売れなければ商売になりませんから信販会社と提携してローンを組めるようにしているショップが多いです。
ショッピングローンはクレジットカードのように購入代金を信販会社が立て替えて支払いローン組んだ人は購入代金を信販会社へ金利を付けて分割払いで返済していきます。
クレジットカードと同じだと思われがちですがショッピングローンは購入対象となる商品だけのローンになります。
ペットショップで申請する信販会社のローンはショッピングローンなので審査も速くすぐに利用できるメリットがありますが、追加融資は受けられません。
ローンが組める金融機関にはいくつかありますが消費者金融の場合は収入の1/3を超える借り入れはできません。
パート主婦だったら、年収の1/3以内であればローンを組むことができますが、専業主婦の場合は年収がないので借入はできません。
銀行のローンは総量規制はないので専業主婦でも融資を受けることができますがペットローンに関しては、必ず融資を受けられるというわけではありません。
スルガ銀行の場合だと「安定した収入がある方」という条件がついており場合によっては収入確認資料を用意しなければいけません。
イオン銀行もペットローンを扱っていますが、年金受給者や学生、専業主婦、無職の人は申し込めませんから専業主婦の方は、ご主人にローンを組んでいただくしかありません。
ペットを買う際にローンを組むことを検討しているのであれば頭金を納めておくと借り入れる金額を少なくすることができますね。
借入金額が少なければ審査のハードルも低くなりますので安心してペットローンを利用できますよね。
頭金の金額は多いに越したことはありませんがいくら納めるかは自分で設定することができます。
ただし、生体価格以外にワクチンなど別途費用がかかりますから手持ちのお金を全額頭金にしてしまうのはやめておきましょう。
その他餌、ペットシーツ、おやつなどのといった消耗品も必要になってきますし小屋やケージ、サークル等を含めると数万円はかかることを計算しておきましょう。
ペットローンという商品名でローンを提供している銀行は少なくほとんどの場合で目的別ローンというローンで対応しています。
ペットローンがある銀行はイオン銀行やスルガ銀行などで、信販会社が提供するペットローンよりも低金利で利用できます。
イオン銀行の場合は金利が年3.8%から年8.8%で最高借入金額は30万円から700万円、借入期間は8年まで、繰り上げ返済手数料は無料です。
一方で、スルガ銀行はというと、金利年2.5%から7.5%、最高借入金額は800万円、借入期間は最大10年です。
銀行のペットローンは低金利で限度額が高いのが非常に魅力的ですがそれだけ審査が厳しく高い信用力をもっていないと審査に通ることはできません。
楽天市場やクレジットカードで知られている楽天ですがペットローンと言う商品は取り扱いがありません。
楽天銀行にはスーパーローンという使途が自由なカードローンがありますが他には目的型ローンとして、ブライダルローンや教育ローンといったローンがあります。
通常、銀行の目的型ローンは使途を限定するだけで内容に関しての規定はありませんが楽天銀行の場合は使い道についても限定されています。
楽天銀行のサイトには、ブライダルやトラベルと同じ項目で自動車ローンもありますがこちらは通常のカードローン(楽天スーパーローン)扱いになります。
楽天銀行では、ブライダル、トラベル、教育を除き、その他のローンは通常のカードローンでの融資になりますのでペットローンというサービスにこだわる必要性はありません。
ペットローンというローンがない銀行や消費者金融などは目的別ローンといった形で使い道を制限し金利を抑えた商品を提供しています。
年利率は、銀行のペットローンが一番低いのですが低金利なローンほど審査が厳しくなります。
同じ金融機関でも使い道が制限されないフリーローンというローンもありますが、使途を厳しく制限されている低金利ローンの方が審査は厳しいと言われています。
つまり銀行のペットローンはローンの中でも一番審査が厳しいことが予想されますから審査に通らないという人は、同行のカードローンなら通るかもしれません。
また、銀行カードローンの審査は信販会社のペットローンとあまり差はないという話もありますので両者の金利を比較して、低金利のローンに申し込むのもオススメです。
住宅ローンを組む際に審査があるようにペットローンを組む場合にも当然審査はあります。
ペットローンを提供している金融機関には銀行や信販会社があるのですが審査が厳しくハードルが高いのは銀行のペットローンです。
銀行のペットローンはペットショップで組むローンと比較すると低金利なので人気が高いのですがローン審査の常識として、金利が低いほど審査が厳しくなるという傾向にあります。
つまり、きちんと返済してくれる人なら安心して貸すことができるのでそのご褒美として金利を低くして貸してあげますよという事なのです。
審査の難易度については銀行のペットローンが一番厳しく次いで信販会社のペットローンが審査が厳しいと言われています。
セディナにはペットローンという商品はないのですが総合目的ローンという商品を利用することができます。
セディナの総合目的ローンは、多額の資金が必要になったときに利用出来るローンです。
ペットショップから発行される見積書などがあれば動物の購入にも利用できます。
ローンの条件は満20歳以上で完済時の年齢が65歳以下であることや、安定継続した収入があり、原則として勤続年数が1年以上の人と規定されています。
金利は7.8%から11.8%、融資額は5万円から300万円、返済期間は最長5年となっていますので、無理のない返済が可能となっています。
ペットローンは生き物を購入する際に利用できるローンですが借入には変わりませんので一般のローン契約を結ぶことに変わりはありません。
よって、ローン審査を受けて承認されないと気に入った子を見つけてもペットローンを利用することはできません。
ペットローンに落ちたという話をよく耳にしますが審査に落ちたという人は他のローン審査も通過できない可能性があります。
過去に自己破産をしていたりそういうことに覚えがあるという人は恐らく信用情報に問題があります。
その他にも、いくつもの金融機関から借入をしているとか申込時に通りやすくなるよう嘘の申告があった場合は問題外です。
ペットショップのコジマでペットローンを利用する場合はショッピングローンとなり信販会社の審査を受けることになります。
信販会社には、セディナやオリコなどがありますが、多くの信販会社ではペットローンの取り扱いはなく、目的別ローンとしてペットにも利用できるようになっています。
目的別ローンとは使途を限定して低金利で融資してもらえるローンのことで代表的なものは、自動車を購入する際のマイカーローンなどがあります。
信販会社のオリコは多目的プランという名称で最高300万円まで借りることができ、返済時の利率は6.0%から13.2%となっています。
セディナは総合目的ローンという商品で最高300万円、金利は7.8%から11.8%です。

ペットローンは使途が限られているローンなのでペットショップが発行する領収書などの提出も求められます。
ペットが売れないことにはショップも商売になりませんので信販会社と提携してショッピングローンを組めるように対応している店舗が多いです。
信販会社のローンはショッピングローンなので審査結果から利用できるまでの時間は早いですが、カードもありませんし追加融資も受けられませんのでご注意ください。

⇊参考になります⇊
ペットローン審査が通らない時はどうする?【ローンの組み方】

関連記事


    カードローンの申し込みをする時、人によってはまだ借金が残っている状態で申し込んでいる事があります。このような場合は、審査落ちになる確率が高まります。 というのもローン会社としては、借り入れ件数を重視…


    今年の初めに私が夢中になっているJ-POPのアーティストが、全国縦断コンサートを開催することが発表されました。非常に嬉しいことで、私の住んでいる県に来るのをずっと待っていました。   とこ…