一般的に家を建ててから、約10年程度を目安に「外壁塗装」の塗り替えをする傾向が多く見られます。
10年というのは、家を長持ちさせるために必要な経過期間です。
もちろん「10年未満」で「外壁塗装」をする施主もいます。
しかし、現実には10年で「外壁塗装」するのは家計的に厳しいものです。
分譲で家を買った場合、当該周辺区画の家は同時期に購入しています。1軒が「外壁塗装」を行えば、次から次へと塗り替えをします。
自分の家だけ塗り替えしないのは、近隣の景観に似合わなくなり、1軒だけ古びた家になるのは見栄えもよくなく、「外壁塗装」しなくてはと焦りもでます。
そのためにも新築で10年したら「外壁塗装」のリフォームを当初から計画的に資金計画を作ることが必要です。
「外壁塗装」は、外壁の傷み具合(経年劣化、シーリングのはがれ、日焼け、コケの繁殖など)を確認し、施主のニーズ(価格、デザイン、塗料、工期など)と照らし合わせ、リフォーム会社の営業が提案書をもってきます。
塗装する塗料には大きく分けて「水性」、「油性」があります。
「水性」は比較的、安価な塗料で多くはチラシに掲載されている安いプランが該当します。
「油性」にもシリコン、フッ素などいくつかのタイプがあります。
それぞれ特性があり、金額が高い塗料ほど性能が良くなっています。
しかも耐久年数が5年、7年、10年、15年、20年と金額が高くなるほど耐久年数が長期となります。
問題は、「施工日程」が決まった後、天候も良好で順調に運ぶことが出来れば、当初の予定期間内で足場を解体し引き渡しになります。
しかし、「外壁塗装」は、雨が降ると塗った塗料が流れしまうため、雨天の施工は中止となります。
また、午後から雨が降る。雪、雷雨、冬場の凍結時、強風など、足場の上で職人が塗装をするため、作業の安全が確保できない場合は施工は延期となります。「施工日程」は、あらかじめ数日余分に設けています。
しかし、長雨が続くと、壁面が乾いていないと塗れないという事情があり、午前からの施工が午後からの施工に変更になることもあります。「外壁塗装」は天候の良い時期に施工すると「施工日程」通り出来ます。
しかし、1年を通じて、いつが良い時期なのか不明です。
時期の決め方は施主の都合に合わせ、施工会社とよく打合せを行い「施工日程」を決める必要があります。

太陽光発電について、こちらも参考にしてください⇒外壁塗装 施工日程

関連記事


    太陽光発電システムの発電効率は、太陽の日射時間と温度の影響を大きく受けます。 太陽が出ている時間にしか発電できない太陽光発電システムは、1日を通して得られる発電量はその日の天候にも左右されます。 その…